安全に暮らしていく

大工

ホームセンターなどでよく見かける防犯砂利ですが、お庭の外観をよく見せてくれる色つきのものなど、多くの種類が出回ってきています。 一般的に販売されている防犯砂利は軽石状のものが多く、高周波の音を発するため、防犯に効果が期待されます。市販されていないようなレンガを砕いたものなどもあり、同じ防犯効果で尚且つ建物の外観に合う素材やカラーが次々増え、多くの施設で利用されています。 雑草が生えないようにとご自分で防犯砂利を敷く場合もあると思いますが、実はただ砂利を敷いただけでは雑草は生えてきてしまいます。 リフォーム工事業者などは防犯じゃりを敷く前に除草作業を行っています。普段歩いているうちに砂利が減ってきてしまわないよう、ガーデンエッジなどの仕切りも使用する場合があり、プロならではの工夫で防犯砂利を敷いてくれます。 ホームセンターで希望通りの砂利がなかったり、除草作業が面倒な場合は、リフォーム業者に相談して見るのも良い選択ではないでしょうか。

一戸建ては窓もたくさんあり地面に近いことから不審者などの防犯対策が必要です。防犯カメラを設置する、防犯窓にする、シャッターを閉めるなどさまざまな方法で家を家族を守ることが大事です。 防犯対策としてもう一つ防犯砂利というものがあります。防犯砂利は自宅の周りに砂利をまくことによって防犯になります。防犯砂利の上を歩くと静かに歩いても必ず音がしてしまいます。そのため不審者が入りにくいのです。また砂利の音が聞こえたら中にいる人が気づくことができ危険をいち早く知ることができます。 いつ何が起こるか分からないため防犯対策はとても大事なことです。庭に芝生や土の家庭も多いですが防犯対策になるので今後も防犯砂利をまく家庭は増えるでしょう。